新刊 図録 古代

新刊図録古代
Ranking:2,820番 / 88,291冊
図録 383番 / 6,697冊
古代 56番 / 709冊
書名 平安初頭の南出羽考古学 官衙とその周辺
シリーズ
著者
発行元 うきたむ風土記の丘考古資料館
出版年 2010/10
A4 ページ 181
六一ID N05346 ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
2,860 (2,600円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<内容>※発行元パンフレットより
・ 山形県内の8世紀後半から9世紀後半までの考古資料集成によって、平安初頭における出羽国南部の状況について丁寧に解説。
・官行関連の遺跡を中心に出羽国南部の状況について詳述し、現状と課題についても触れている
・本編では平易な記述によって概説し、これから研究を始めようとしている人達が、山形県内の状況について調べようとした場合にも配慮した。
<目次>
序章 平安初頭の南出羽考古資料
第I章 城輸柵跡と八森遺跡
第蕎 出羽・飽海。田川郡の官行関連遺跡
第珪 最上・村山郡の官衡関連遺跡
第絃 置賜郡の官行関連遺跡
第V章 須恵器・鉄生産の展開
第詐 広まる仏教と陰陽道
終章 古代出羽国北と南
〔解説編〕52P
小野忍 平安の出羽国府・城輪柵遺跡と八森遺跡
佐藤庄一 平安初頭における出羽・田川。飽海郡の官衡とその周辺
阿部明彦 平安初頭における最上郡・村山郡の官衡とその周辺
竹田純子 南出羽における平安初頭の東山道駅路と駒籠楯跡
佐藤鎮雄 平安初頭における置賜郡の官衝とその周辺
伊藤邦弘 南出羽における平安初頭の古代窯業
阿部明彦 南出羽における須恵器生産の展開
須賀井新人 平安初頭における仏教と律令信仰
 

シェアする

この図書のレビュー

  •  投稿者:木霊でしょうか、いいえ枝野です 投稿日:2011/04/18
    展示図録というより、ほとんど論文集。古代を勉強している人は持っていても損しません。各地で発行される展示図録は今やカラー印刷は当たり前で、論考を載せるものが増えている傾向にあります。値段的にもう少し安いと良いのですが・・・

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。