新刊 海外(日本語) 中国

新刊海外(日本語)中国
Ranking:2,496番 / 85,421冊
海外(日本語) 29番 / 2,308冊
中国 13番 / 1,174冊
書名 前漢期黄河古河道の復元 リモートセンシングと歴史学
シリーズ
著者 長谷川順二 著
発行元 六一書房
出版年 2016/02
B5 ページ 上製カバー 318
六一ID N58803 ISBN 9784864450768
 
 
新刊  会員割引:
14,300 (13,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【著者略歴】
 長谷川 順二(はせがわ じゅんじ)
  1974年 東京生まれ
  2000年 学習院大学人文科学研究科史学専攻博士前期課程修了
  2006年 学習院大学人文科学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学
  2011年 博士(史学)取得
  現在 学習院大学文学部助教

【主要論文】
 「リモートセンシングデータを利用した前漢期黄河古河道復元─〈中国古代専制国家の基礎条件〉に関する再検討─」『史学雑誌』第123編第3号,2014年3月
 「リモートセンシングデータを用いた黄河古河道復元─後漢初期の第二次改道に関する考察─」『日本秦漢史研究』第15号,2015年3月
「リモートセンシングデータを利用した『水経注』に記される北魏期黄河古河道研究─河南省濮陽市〜山東省東阿県〜茌平県〜高唐県─」『人文』第14号,2016年3月

【内容】
 中国第二の大河である黄河は、中国の民衆や社会に対して大きな恩恵を及ぼしてきた。一方で黄河は「善淤(濁る)、善決(決壊する)、善徙(移動する)」とも称され、決壊による災害を引き起こす恐るべき存在でもあった。そして繰り返される決壊により、黄河の河道は幾度も移動した。ひとたび黄河が移動すると、周辺の農地は荒れ果て、都城は崩壊し、時には行政区画の変更すら起きるなど、中国社会に多大な影響を及ぼしてきた。にも関わらず、これまで黄河の河道変化について詳細な考察は行われていない。
 本書では戦国〜前漢末の黄河古河道を対象として、従来の文献資料に基づく検討に加え、衛星画像や地形データ等のリモートセンシングデータ解析および黄河下流平原の現地調査を実施し、現在の地形や地質等の状況を確認したうえで古河道を復元する。また復元した古河道に基づき、当時の社会への影響等に関する再検討を行う。(学習院大学博士論文に加筆刊行)

【目次】

第1部 前漢期黄河古河道復元に向けて
 第1章 文献資料にみる前漢前後の黄河変遷説
  はじめに
  第1節 黄河改道に関する諸説
  第2節 前漢黄河の開始および終了時期
  第3節 秦漢期黄河治水史
  第4節 前漢河道の位置
  おわりに
 第2章 黄河のすがた
  はじめに
  第1節 黄河の概要
  第2節 黄河の来源
  第3節 黄河の誕生時期
  第4節 黄河下流平原の地形的特性
  第5節 現在の黄河水問題
  おわりに
 第3章 本書における使用資料
  はじめに
  第1節 文献資料
  第2節 地図資料
  第3節 リモートセンシング(RS)データ
  おわりに
第2部 前漢期黄河の地域別検討
 第1章 河南省北東部・滑県〜濮陽市
  はじめに
  第1節 文献にみる前漢河道
  第2節 文献記述の検討
  第3節 RSデータ・DEMとの比較
  第4節 綜合考察
  おわりに
 第2章 河北省大名県〜館陶県
  はじめに
  第1節 都城の位置比定
  第2節 王莽金堤遺跡
  第3節 RSデータとの比較
  おわりに
 第3章 河南省武陟県〜延津県〜滑県
  はじめに
  第1節 対象地域の概要
  第2節 文献資料にみる前漢河道
  第3節 RSデータを用いた考察
  おわりに
 第4章 河北省東光県〜滄州市〜黄驊市〜渤海
  はじめに
  第1節 対象地域の概略
  第2節 文献記述の詳細検討
  第3節 地質学的検討
  おわりに
 第5章 山東省聊城市〜平原県〜徳州市
  はじめに
  第1節 文献資料にみる黄河古河道
  第2節 城市位置の検討
  第3節 RSデータによる検討
  おわりに
第3部 復元古河道を利用した中国古代史の再検討
 第1章 前漢期の黄河決壊に関する一考察
  はじめに
  第1節 復元河道の概要
  第2節 決壊記事の検討─武帝元光3年春以降─
  第3節 黄河決壊の連鎖性
  おわりに
 第2章 「中国古代専制国家の基礎条件」に関する再検討
  はじめに
  第1節 木村説と前漢黄河
  第2節 RSデータを利用して復元した前漢期古河道
  第3節 復元河道に基づく木村説の再検討
  おわりに
 第3章 復元古河道(戦国〜前漢末)の検証
  はじめに
  第1節 前漢黄河由来の微高地
  第2節 「沙河」と夏津県の由来
  第3節 本研究で判明した事実
  第4節 黄河改道と前漢郡県制の展開
  第5節 前漢以前の黄河下流平原の実情
  おわりに
補論 現地調査記
 第1章 調査の概要
  はじめに
  第1節 文献記述の整理
  第2節 地図の収集
  第3節 現地にて
  第4節 調査後の情報整理
 第2章 調査記機_脇郛奮蠍〜濮陽市〜南楽県
  はじめに
  1 文献記録と現地調査
  2 前漢黄河と城市位置
  3 古河道の現状
  4 RSデータとの差異
 第3章 調査記供_亘名並臾掌〜館陶県
  はじめに
  1 故城関連
  2 古黄河関連
  3 その他
  おわりに
 第4章 調査記掘_脇郛壁韶県〜延津県〜滑県
  はじめに
  1 故城関連
  2 古黄河関連
  おわりに
 第5章 調査記検_亘名陛豸県〜滄州市〜黄驊市〜渤海
  はじめに
  1 故城関連
  2 古黄河関連
  おわりに
 第6章 調査記后〇嚇貍穂愍觧圈噌眦盡〜平原県〜徳州市
  はじめに
  1 対象地域の特徴
  2 故城関連
  3 黄河関連その他
あとがき
中文要旨
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。