新刊 海外(日本語) 中国

新刊海外(日本語)中国
Ranking:4,279番 / 85,070冊
海外(日本語) 53番 / 2,300冊
中国 28番 / 1,167冊
書名 日本における中国画題の研究
シリーズ
著者 張小鋼 著
発行元 勉誠出版
出版年 2016/06
A5 ページ 280
六一ID N60807 ISBN 9784585270225
 
 
新刊  会員割引:
9,900 (9,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【内容】※出版社HPより
白楽天や楊貴妃、多くの神仙など中国の伝説のモチーフは日本の絵画の中に大いに取り入れられている。そこには物語の読み替えや再構成、日本独自の解釈が見られる。それらはどのような過程のもとに行われたのか。図様と典拠を丁寧に比較することにより、日本における中国画題の特徴を明らかにする。
【目次】
序章 日本における中国画題へのアプローチ
一、和製中国画題とは何か
二、和製中国画題の形成過程
おわりに
第一章 白楽天来日の伝説とその変容―「白楽天」を中心に―
一、白楽天来日の伝説について
二、浮世絵『白楽天』について
おわりに
第二章「楊貴妃の古事」を読む―その愛情の証をめぐって―
はじめに
一、中国における愛情の証についての記述
二、日本おける楊貴妃死後の伝説
三、挿絵「楊貴妃の古事」について
おわりに
第三章「返魂香」考―「李夫人」との関係をめぐって―
はじめに
一、史料に見る李夫人の記述
二、返魂香の様々な伝説
三、返魂香と李夫人
四、日本における「返魂香」構図の形成
おわりに
第四章 『画筌』における中国仙人の一考察
はじめに
一、林守篤の『画筌』について
二、林守篤の『画筌』における中国史料
三、問題点について
おわりに
第五章「蝦蟇仙人」考
はじめに
一、侯先生
二、劉海蟾
三、劉海と三本足のカエル
四、中国の年画における「劉海戯蟾図」
五、「蝦蟇仙人」の人物造形について
おわりに
第六章「費長房」考―「鶴に乗る美人」型の成立をめぐって―
一、「俗人費長房」と「方士費長房」と「仙人費長房」
二、「竹杖に乗る費長房」と「鶴に乗る費長房」
三、「鶴に乗る美人」の型化
おわりに
第七章「張良吹簫図」考―北斎「張良図」の補説―
一、北斎「張良吹簫図」について
二、「張良吹簫図』と『新刻剣嘯閣批評西漢演義伝』
三、絵本『漢楚軍談絵尽』と年画『張良吹簫破楚軍』
おわりに
第八章『唐詩選画本』考―詩題と画題について―
はじめに
一、『唐詩選画本』の編集過程
二、『唐詩選画本』における『唐詩画譜』の影響
三、『唐詩選』の詩題と『唐詩選画本』の画題
おわりに
第九章 江戸時代における異文化受容の空間意識―瀟湘八景を中心に―
はじめに
一、「瀟湘八景」における中国人の空間意識
二、日本における「瀟湘八景」の受容
三、浮世絵における「八景」の受容形態
四、八景受容に見る日本人の空間意識
おわりに
終章 今後の課題について
一、中国画題についての調査
二、中国画題の出展についての調査
三、中国画題と仏教の題材
四、類似中国画題の見分け
五、和製中国画題について

 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。