新刊 歴史一般・史料 その他

新刊歴史一般・史料その他
Ranking:15,544番 / 84,731冊
歴史一般・史料 233番 / 2,107冊
その他 19番 / 172冊
書名 礼服  天皇即位儀礼や元旦の儀の花の装い
シリーズ
著者 武田 佐知子 著 津田 大輔 著
発行元 大阪大学出版会
出版年 2016/07
A5 ページ
六一ID N61149 ISBN 9784872595512
 
 
新刊  会員割引:
4,290 (3,900円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※お取り寄せとなりますので、お時間がかかります
【内容】※出版社HPより抜粋
歴代の天皇は何をまとってきたのか。変わりゆく激動の時代の中で最高礼装として変わらず伝え守られ、君臨してきた礼服(らいふく)。古代から明治維新までの天皇即位と朝賀の舞台裏で時々の歴史背景と実力者がドラマチックに交錯する。礼服に込められた意義、そして近・現代に一般に広がっていったドレスコードの変相。
【目次】
第1章 花から古代の礼服のはじまりをたどる
第2章 大化の改新から礼服成立までの衣冠
第3章 礼服とはなにか
第4章 礼服の成立と律令の規定
第5章 天皇の礼服
第6章 皇后と皇太子の礼服
第7章 臣下の礼服の変遷
第8章 天皇礼服のたどった道-鎌倉時代から南北朝時代
第9章 臣下の礼服の調達-鎌倉から室町時代
第10章 礼服、そして朝廷の最大の試練-戦国時代
第11章 近世初期における宮廷儀礼の復興
第12章 江戸時代中期以降の礼服
第13章 日本史の中の礼服
第14章 白襟紋付-近・現代におけるドレスコードの変相
あとがき 
注 
皇室系図 
礼服一覧 
組織図
日本古代の衣服制度に関する主な法規 
中国史年表 
著者紹介
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。