新刊 古建築

新刊古建築
Ranking:49,596番 / 88,324冊
古建築 336番 / 896冊
書名 オスマン朝宮殿の建築史
シリーズ
著者 川本智史 著
発行元 東京大学出版会
出版年 2016/08
A5 ページ 264
六一ID N62055 ISBN 9784130668569
 
 
新刊  会員割引:
7,260 (6,600円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
主要目次
序 章 帝国・帝都・宮殿
1 本書のねらい
2 歴史的背景
3 オスマン朝の宮殿とイスラーム世界の宮殿
4 本書の課題と構成
第1章 エディルネ旧宮殿の成立
1 エディルネ遷都の時期――アナトリアからバルカンへ
2 15世紀以前のアナトリアにおける宮殿建築
3 エディルネ旧宮殿の概要と成立時期
4 エディルネ旧宮殿の空間と謁見儀礼
5 エディルネ旧宮殿の起源をめぐって
6  小 結
第2章 閣議・謁見儀礼の変容とトプカプ宮殿の空間
1 トプカプ宮殿の概観
2 トプカプ宮殿における諸儀礼
3 メフメト2世のトプカプ宮殿と儀礼
4 謁見儀礼の廃止とトプカプ宮殿の発展
第3章 オスマン宮廷の移動
1 西アジアにおける諸王朝の宮廷と移動
2 スルタンの所在地からみた旧都エディルネと新都イスタンブル
3 宮廷と牧地
4 オスマン朝の二つの都と庭園・牧地
第4章 イスタンブル旧宮殿の建設とその機能
1 研究の背景
2 イスタンブル旧宮殿の敷地
3 旧宮殿の建築空間
4 外廷機能の不在
5 内廷の宮殿
第5章 16世紀以降のイスタンブルにおける都市儀礼と宮殿群
1 イスタンブルにおける離宮・庭園の建設
2 ユスキュダル宮殿とダウト・パシャ宮殿
3 新たな儀礼空間としての郊外離宮――ユスキュダルとダウト・パシャ
4 帯剣式と都市郊外での儀礼
5 離宮・庭園と郊外での儀礼

結 び 
1 本論文の概要
2 オスマン朝の宮殿像再構築と今後の課題
補 論 トルコ建築史・都市史研究史
1 はじめに――研究紹介の範囲
2 建築史
3 都市史
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。