新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:23,916番 / 85,422冊
民俗・民族 247番 / 1,571冊
書名 民俗的世界の位相 変容・生成・再編  松崎憲三先生古稀記念論集
シリーズ
著者 松崎憲三先生古稀記念論集編集委員会 編
発行元 慶友社
出版年 2018/03
A5 ページ 583
六一ID N71007 ISBN 9784874490754
付属品
 
 
新刊  会員割引:
14,300 (13,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<目 次>
まえがき  前田俊一郎
・葬送儀礼、墓制の変貌 ─墓じまいおよび寺院離れを視野に─ 松崎憲三
第一部 民俗信仰の探求
人を神に祀る
・古代の歌人を祀る習俗 ─肥後・細川家との関わりを中心に─ 福西大輔
・義経信仰をめぐる予備的考察  ─北海道平取町の義経神社を事例に─  及川祥平
・陶磁器産業と職祖信仰 ─愛知県瀬戸市の事例から─ 睫畋舁
・佐倉惣五郎観の変遷 ─『日本及日本人 秋季臨時増刊 義民号』の分析を中心に─ 佐山淳史
祈りと願い
・天にて比翼の鳥となる ─比翼塚の民俗学的考察─ 前田俊一郎
・雷電信仰の現在 ─板倉雷電神社の信仰を中心として─ 林 洋平
・見沼地域周辺における弁天信仰の諸相と課題   宇田哲雄
・六十六部をめぐる史実と伝承  ─東京都多摩市落合の小林家の事例を中心に 乾賢太郎
・御柱祭における鳥居の建立 ─式年造営の視点からの再考─ 金野啓史
・「めがね弘法」の信仰と目薬 ─その誕生と再編をめぐって─ 越川次郎
第二部 暮らしとまつり
生業の工夫と選択
・遊漁としての釣り文化 ─近代における釣り堀の発展─ 君 龍
・東京内湾の肥料としての貝《キサゴ》   秋山笑子
・描かれた明治期の天蚕飼育 ─京都府大原神社奉納絵馬─ 佐野和子
・「銘菓」のなかの蚕糸業 ─製菓業者の蚕糸業に対するイメージについて─ 吉井勇也
・野菜の品種転換に関する予備的考察  ─江戸川区における小松菜のF1品種化を事例に─ 荒一能
祭事・儀礼の継承
・神楽を演じる地方公務員  ─埼玉県の神楽を事例として 田村明子
・女が創る祭の見せ場 ─千葉県匝瑳市八日市場の八重垣神社祇園祭を事例として─ 菊田祥子
・謡の師匠に伝えられた「小笠原流」の婚姻儀礼   ─山形県天童市の事例から─ 村尾美江
・「無形文化財」としての古武道の位置づけ  
 ─文化財指定への課題─ 小山隆秀
第三部 現代へのまなざし
地域社会との共生
・里山はなぜ桜の山となったのか ─福島市渡利地区の花見山をめぐって─ 金子祥之
・子育てと災害伝承 ─東日本大震災・岩手県宮古市の事例から─ 猿渡土貴
・ある被災地復興のその後  ─玄界島で「暮らしの場を取り戻す」ことを考える─ 中野紀和
・柳田國男の伝承観と自治論   ─現代民俗論の課題─ 加藤秀雄
民俗学の資料と情報
・四コマ漫画に描かれた世相   ─麻生豊『ノンキナトウサン』をめぐって─ 菅野剛宏
・英語圏とドイツ語圏における日本民俗学の紹介状況と今後の課題   ゲーラット ・クリスチャン
・地方民俗学界の再活性化策を模索する ─岡山・倉敷界隈の状況を通じて─ 吉原睦
・民俗展示の模型が内包する情報   ─国立歴史民俗博物館「石川県白山麓焼畑出作り環境模型」を事例に─ 松田睦彦
松崎憲三先生略歴・著作
あとがき 猿渡土貴
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。