新刊 論集

新刊論集
Ranking:6,941番 / 85,378冊
論集 231番 / 837冊
書名 日本古代の氏族と政治・宗教 下
シリーズ
著者 加藤 謙吉 編
発行元 雄山閣
出版年 2018/03
A5 ページ 256
六一ID N71099 ISBN 9784639025597
 
 
新刊  会員割引:
7,700 (7,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<目次>
第3部 外交と渡来人
 倭系百済官僚の基礎的考察 (仁藤敦史)
 渤海中臺省牒の出現と日渤外交 (河内春人)
 「百済の役」の亡命者に関する一考察― 亡命百済人の活動を中心に― (川嶋孝幸)
 渡来人と冠位制 (宮永廣美)
 『勘仲記』弘安十年七月十三日条所載「対馬守源光経解」について (近藤 剛)
 アメノヒボコ伝承の構成―記紀を比較して― (紅林 怜)
第4部 寺院と僧侶・経典
 奈良時代の疑偽経典目録について―『開元釈教録』巻第十八考― (小林真由美)
 「西琳寺縁起」と「知識」―西琳寺は「知識寺」に非ず― (三舟隆之)
 氏寺考―寺院縁起文の史料性検討を通して― (藤井由紀子)
 出迎えられる僧―菩提僊那・行基・鑑真― (水口幹記)
 道昌・惟宗氏と聖徳太子―平安時代初期・摂関期の秦氏と聖徳太子信仰 (榊原史子)
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。