新刊 海外(日本語) 中国

新刊海外(日本語)中国
Ranking:25,384番 / 88,302冊
海外(日本語) 437番 / 2,500冊
中国 230番 / 1,247冊
書名 術数学の思考 交叉する科学と占術
シリーズ 京大人文研東方学叢書 5
著者 武田時昌著
発行元 臨川書店
出版年 2018/10
B6 ページ 288
六一ID N74812 ISBN 9784653043751
 
 
新刊  会員割引:
3,300 (3,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
<目次>
はじめに
 序 論 中国科学の新展開――術数学という研究領域
第一部 術数学のパラダイム形成
 第一章 陰陽五行説はいかに形成されたか
  無から有への万物生成論――中国的二元論
  五行と六徳、天道と人道――思孟学派の五行説
  刑徳を推す兵法――中国占術理論の起源
  天の六気、地の五行――五行説の初源的数理
  灸経から鍼経へ――漢代鍼灸革命の道
 第二章 物類相感説と精誠の哲学
  同類、同気の親和力――天人感応のメカニズム
  類推思考と不可知論――自然探究の方法論
  精誠、天を感動させる――技能者と賢妻の精通力
  王充の迷信批判と占術論――「気」の自然学
第二部 漢代思想革命の構造
 第一章 原始儒家思想の脱構築
  諸子百家から儒教独尊へ――思想空間の漢代的変容
  災異、讖緯と天文占――政治思想と天文暦数学
  老子と孔子の交錯――易の台頭と京氏易
  世紀末の予言と革命――王莽と光武帝のクーデター
 第二章 漢代終末論と緯書思想
  秦漢帝国の改暦事業――易姓革命のサイエンス
  五星会聚の暦元節――顓頊暦の惑星運動論
  聖王出現の暦運サイクル――孟子から緯書へ
  天地開闢説と古代史の創造――緯書暦の数理構造
 附 録 術数学研究を振り返って(参考文献)
 結びにかえて / 索 引
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。