新刊 図録 美術

新刊図録美術
Ranking:6,240番 / 85,764冊
図録 737番 / 6,368冊
美術 34番 / 1,233冊
書名 珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜
シリーズ
著者
発行元 公益財団法人 香雪美術館
出版年 2018/03
A4 ページ 248
六一ID N84636 ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
2,500 (2,273円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
中之島香雪美術館 開館記念展(2018年3月21日〜 2018年4月22日まで開催)
※既刊の初入荷です。
【主な展示内容】
香雪美術館の所蔵品の多くは、朝日新聞社の創業者・村山龍平(1850〜1933)が収集した美術品です。国指定重要文化財は19点、重要美術品は23点を数え、時代や作家を代表する名品も多くあります。刀剣を出発点に、仏教美術から書跡、中近世絵画、さらに茶道の世界へと広がりを増した村山コレクションを本展示図録ではカラー図版で紹介をしています。
※仏教絵画、茶器、茶道具、刀剣等収録
【主な目次】
臼倉恒介 新聞人と収集家がクロスする時
勝盛典子 村山コレクション形成の軌跡を追って
第一章 美術を愛して
第二章 美しき金に心をよせて
第三章 茶の道にみちびかれ
第四章 ほとけの世界にたゆたう
第五章 物語とうたにあそぶ
作品解説
参考資料 村山龍平が主催した茶会の茶会記
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。