新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:10,281番 / 88,437冊
民俗・民族 61番 / 1,717冊
書名 北極の人間と社会 持続的発展の可能性
シリーズ
著者 スラブ・ユーラシア叢書 14
発行元 北海道大学出版会
出版年 2020/03
A5 ページ 306
六一ID N84723 ISBN 9784832968561
 
 
新刊  会員割引:
3,740 (3,400円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序 章 持続的発展を目指して………田畑伸一郎・後藤正憲
 1 北極をめぐる状況の変化
 2 プロジェクトの背景
 3 本書の問題意識
 4 本書の構成
 第1部 北極の経済開発
第1章 北極海航路………大塚夏彦
 1 はじめに
 2 北極海航路の概要
 3 北極海航路小史
 4 北極海航路の航行
 5 21世紀の北極海航路
 6 持続的利用への課題
 7 おわりに
第2章 石油とガス………田畑伸一郎・本村眞澄
 1 はじめに
 2 石油・ガス開発の現状と見通し
 3 ロシア北極圏の持続的経済発展の可能性
 4 おわりに
第3章 漁 業………成田大樹・平譯 享
 1 はじめに
 2 世界的な水産物需要を踏まえた北極圏海域における漁業の意義
 3 北極圏海域における漁獲の現状
 4 地球規模気候変動の北極圏海域の漁業への影響
 5 北極域漁業の気候変動影響を評価する意義
   ――世界の気候変動政策と経済費用の定量評価に関する議論
 6 おわりに
 第2部 環境と人間の相互作用
第4章 凍土と文化………後藤正憲・中田 篤・飯島慈裕
 1 はじめに
 2 永久凍土とアラスの形成と変化
 3 中央ヤクーチアにおける牧畜
 4 農場の経営と流通・調達組織
 5 おわりに
第5章 変化と適応………藤岡悠一郎、高倉浩樹、田中利和、ステパン・グリゴリエフ
 1 はじめに
 2 カヤクシット村の地域史と人々の暮らし
 3 サハ人と環境との歴史的なインタラクション
 4 近年の環境変化に対する住民の認識と対処
 5 おわりに
第6章 先住民とモニタリング………近藤祉秋
 1 はじめに
 2 ニコライ村における生業活動
 3 サケ管理におけるビーバーダム問題
 4 内陸アラスカの物質循環と人類の活動
 5 地下資源採掘と先住民社会の関係
 6 おわりに
 第3部 北極のガバナンス
第7章 国際関係………大西富士夫
 1 はじめに
 2 協調的国際関係の萌芽
 3 協調的国際関係の成立
 4 地政学的環境の変化
 5 大国間競争の影響
 6 おわりに――協調的国際関係のゆくえ
第8章 北極評議会………稲垣 治・幡谷咲子
 1 はじめに
 2 組織的展開
 3 機能的展開
 4 オブザーバーの関与
 5 おわりに
第9章 国際法に基づく秩序づくり………柴田明穂
 1 はじめに
 2 北極域にも適用がある一般的な国際法
 3 北極の海と国際海洋法
 4 北極域に特有な状況を踏まえた北極国際法秩序の構築に向けて
 5 おわりに
第10章 開発と先住民族………高橋美野梨
 1 はじめに
 2 前 史
 3 非生物資源開発と独立問題
 4 四つの論点から同定するグリーンランドの非生物資源開発
 5 グリーンランドの非生物資源開発をめぐる開発と先住民族
 6 おわりに
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。