新刊 県史・市史 関東

新刊県史・市史関東
Ranking:47,789番 / 86,159冊
県史・市史 1,030番 / 3,264冊
関東 390番 / 1,197冊
書名 袖ケ浦市史研究 第18号
シリーズ
著者
発行元 袖ヶ浦市郷土博物館
出版年 2017
A4 ページ 102
六一ID N85192 ISBN
 
 
新刊  会員割引:無
1,320 (1,200円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

新刊在庫がございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
古書  1点 1,320
1,320 (1,200円+税) 普通 文京倉庫在庫
カートに入れる
内容・目次
【研究論分】
・栃木県鹿沼市賀蘇山神社について横瀬 勝宣
-袖ケ浦市蔵波石井伸之家文書『奥州道中記』より-
・水神下遺跡1号塚の鎮壇とその信仰松本 勝・考古学から見た袖ケ浦の板碑倉田 恵津子
・神田遺跡出土人骨について谷畑 美帆・「農具絵図」の画工 赤渓とは誰だったのか睫 澄子

【資料紹介】
・袖ケ浦市内で採集された埴輪資料について萩原 恭一
・“地域学講座”の楽しみ -根形村の『郷土読本』をとおして-井上 勝
・四爪錨について二宮 俊洋・袖ケ浦にもあった養蚕業小暮 國昭 -市民学芸員企画展「ふるさと袖ケ浦-人・くらし・風景-」から-
・『中川村青年会報』に見る青年たちの自己表現活動大塩 達
【随 想】
・戦国大名里見氏雑感 -領国支配の観点から-嶋津 敬 他
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。