新刊 民俗・民族

新刊民俗・民族
Ranking:46,505番 / 85,051冊
民俗・民族 685番 / 1,557冊
書名 婚姻と女性
シリーズ 日本女性史論集4
著者 梅村恵子、小和田美智子 編
発行元 吉川弘文館
出版年 1998
A5 ページ 8+394
六一ID N85861 ISBN 4642013547
 
 
新刊  会員割引:無
1,540 (1,400円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

新刊在庫がございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
古書  1点 1,540
1,540 (1,400円+税) 普通 注意事項有り 文京倉庫在庫
カートに入れる
内容・目次
【内容説明】
高群逸枝による婚姻史の研究は通説として定着した観があるが、現在の研究はその意志を継承しつつも、これを乗り越えるべく実証をふまえた研究が精力的に進められている。本巻では、新しい婚姻史を生み出すために、高群説に批判的な古代婚姻制研究も多く紹介し、さらに結婚から離婚に至る過程に注目した代表的論文を各時代にわたって収録した。

【目次】
1 婚姻の居住形態(古代の婚姻;奈良時代の婚姻についての一考察(抄) ほか)
2 婚姻の位置づけ(中世における女性の地位と役割—婚姻形態を通じて;武家女性の婚姻に関する統計的研究・試論—『寛政重修諸家譜』を素材として ほか)
3 向き合う女と男(平安末・鎌倉時代の夫婦呼称の一考察—「女共」「縁友」「縁共」を中心に;恋愛観と結婚観の系譜)
4 婚姻の終焉(平安中期の入墓規定と親族組織—藤原兼家・道長家族を中心として;鎌倉時代における改嫁と再婚 ほか)

 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。