新刊 海外(日本語) 中国

新刊海外(日本語)中国
BEST1000
Ranking:604番 / 88,565冊
海外(日本語) 5番 / 2,507冊
中国 1番 / 1,247冊
書名 秦帝国の誕生 古代史研究のクロスロード
シリーズ
著者 籾山明 ロータール・フォン・ファルケンハウゼン 編
発行元 六一書房
出版年 2020/12
B5 ページ 207頁 ソフトカバー
六一ID N87119 ISBN 9784864451369
 
 
新刊  会員割引:
5,280 (4,800円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※英語圏・日本語圏双方の研究者による文献史学と考古学の研究成果を示し、始皇帝の統一に至る秦の歴史を展望する。 2018年5月19日に開催のシンポジウム「秦帝国の誕生 英語圏の研究者との対話」の報告をもとに、特別寄稿を加えた論集です。
【書評等】

【内 容】
「古代史研究のクロスロード」を副題とする本書は、日本語圏と英語圏、文献史学と考古学、それぞれの研究の流れが交差する地点に立って、始皇帝の統一に至る秦の歴史を展望する試みである。秦の自己意識と他者認識の変遷、考古学から見た秦国の経済、文書行政の開始と展開、『史記』の秦史叙述の独自性、西欧諸言語による秦史研究の動向など、帝国の誕生を論じた多彩な諸篇に加え、戦国都市の比較の中で秦の特性を浮き彫りにした一章が含まれる。巻末に載せた「西欧言語による秦史研究文献目録」は、欧米の研究に直接触れようとする読者にとって絶好の手引きとなろう。
【目 次】
まえがき
第1章 渡邉英幸 秦の自己意識と他者認識
第2章 ロータール・フォン・ファルケンハウゼン/籾山明訳  考古学からみた秦の経済状況
第3章 高村武幸 文書行政のはじまり
第4章 吉本道雅 『史記』の秦史認識
第5章 ロビン・D・S・イェイツ/籾山明訳 西欧言語による秦史研究の最新動向
コメント1 上野祥史 文字資料と物質文化
コメント2 土口史記 秦史の全体像復元のために   
特別寄稿 江村治樹 戦国諸国家の統治の特質 都市支配の側面から
あとがき
ロビン・D・S・イェイツ 西欧言語による秦史研究文献目録

【編者略歴】
編 者
籾山 明(もみやま あきら)
(公益財団法人)東洋文庫専任研究員,埼玉大学元教授
[主要著作]
『秦漢出土文字史料の研究―形態・制度・社会』(創文社,2015年),『文献と遺物の境界―中国出土簡牘史料の生態的研究』(佐藤信と共編著,六一書房,2011年)

ロータール・フォン・ファルケンハウゼン(Lothar von Falkenhausen 羅泰)
Distinguished Professor of Chinese Archaeology and Art History, UCLA
[主要著作]
『周代中国の社会考古学』(吉本道雅訳,京都大学学術出版会,2006年),Suspended Music: Chime-Bells in the Culture of Bronze Age China(Berkeley and Los Angeles: University of California Press, 1993)

執筆者(執筆順)
渡邉 英幸(わたなべ ひでゆき)
愛知教育大学准教授
[主要著作]
「里耶秦簡「更名扁書」試釈―統一秦の国制変革と避諱規定」(『古代文化』66-4,2015年),『古代〈中華〉観念の形成』(岩波書店,2010年)

高村 武幸(たかむら たけゆき)
明治大学文学部教授
[主要著作]
『漢代の地方官吏と地域社会』(汲古書院,2018年),『秦漢簡牘史料研究』(汲古書院,2015年)

吉本 道雅(よしもと みちまさ)
京都大学文学研究科教授
[主要著作]
『中国先秦史の研究』(京大学学術出版会,2005年)

ロビン・イェイツ(Robin D. S. Yates 葉山)
James McGill Professor of East Asian Studies and History and Classical Studies, McGill University
[主要著作]
“Female Commoners and the Law in Early Imperial China: Evidence from Recently Recovered Documents with Some Comparisons with Classical Rome,” in Rulers and Ruled in Ancient Greece, Rome, and China(ed. Griet Vankeerberghen and Hans Beck , Cambridge University Press, 2020),Law, State, and Society in Early Imperial China: A Study with Critical Edition and Translation of the Legal Texts from Zhangjiashan Tomb no. 247(co-authored with Anthony Barbieri-Low, 2 vols. Leiden: Brill Academic Publishers, 2015)

上野 祥史(うえの よしふみ)
国立歴史民俗博物館准教授
[主要著作]
「古代中国の皇帝陵―モニュメントとしての前漢皇帝陵」(国立歴史民俗博物館 松木武彦・福永伸哉・佐々木憲一編『日本の古墳はなぜ巨大なのか―古代モニュメントの比較考古学』吉川弘文館,2020年),「漢代北方の地域社会と交通」(藤田勝久編『東アジアの情報学と情報伝達』汲古書院,2013年)

土口 史記(つちぐち ふみのり)
岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授
[主要著作]
「秦代“県廷”研究的回顧与展望」(『中国中古史研究』7,2019年),「岳麓秦簡「執法」考」(『東方学報』〔京都〕92,2017年)

江村 治樹(えむら はるき)
名古屋大学名誉教授
[主要著作]
『春秋戦国時代青銅貨幣の生成と展開』(汲古書院,2011年),『春秋戦国秦漢時代出土文字資料の研究』
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。