新刊 単行本 弥生

新刊単行本弥生
Ranking:2,849番 / 84,999冊
単行本 798番 / 9,419冊
弥生 91番 / 516冊
書名 律令国家と斎宮
シリーズ 考古調査ハンドブック13
著者 駒田利治 編
発行元 ニューサイエンス社
出版年 2016/01
A5 ページ 237
六一ID N58589 ISBN 9784821605255
 
 
新刊  会員割引:
3,300円 1,650 (1,500円+税) 在庫 0冊 カートに入れる

注文数

在庫ございません
こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※ご注意ください
・バーコード部分に「自由価格本」のシールが貼られている場合がございます。
・書店さんなどからの返本で、カバーや箱に若干の汚れ・傷みがある場合がございます。
・取寄せの場合は、すでに品切れとなってしまっている可能性がございますのでご了承ください。

斎宮は,神宮に奉斎するため都から伊勢に派遣された未婚の皇女斎王,あるいは斎王の宮殿とそれに付属する斎宮寮を示す。斎宮は,律令国家体制のなかでは令外官として設置され,常設の組織ではなかったものの,律令祭祀とくに天皇祭祀の在り方が窺える特異な存在である。(略)永らく「幻の宮」としてその実態がヴェールに包まれていた斎宮跡であったが,1970年から開始された発掘調査により,その所在が確認され,奈良時代後半から平安時代中期にいたる斎王が暮らした宮殿と斎宮寮の実態が明らかにされてきている。
【目次】
駒田利治  序 律令国家と斎宮 
1 斎宮の位置
2 斎宮跡の調査・研究
榎村寛之 1 斎王と斎宮
1 斎王とは
2 斎王制度の確立過程
3 遷都と律令国家体制の強化
4 律令国家体制の変容
2 発掘調査からみた斎宮の歴史的変遷
1 駒田利治  古代官道と斎宮
2 駒田利治  飛鳥・奈良時代の斎宮の解明
3 大川勝宏  斎宮と方格地割
3 駒田利治  斎宮跡の出土品と律令国家
1 斎宮と都の土器
2 斎宮跡の墨書土器
3 斎宮の祭祀
4 大川勝宏  斎宮跡の史跡整備と活用
1 史跡指定とその整備の意義
2 斎宮跡の史跡整備のあゆみ
3 史跡斎宮跡東部整備事業
4 史跡整備とまちづくり
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。