新刊 海外(日本語) その他アジア・オセアニア

新刊海外(日本語)その他アジア・オセアニア
Ranking:23,623番 / 85,088冊
海外(日本語) 378番 / 2,300冊
その他アジア・オセアニア 47番 / 324冊
書名 東南アジア地域研究入門1 環境
シリーズ
著者 山本信人 監修
発行元 慶應義塾大学出版会
出版年 2017/02
A5 ページ 368
六一ID N64768 ISBN 9784766423945
 
 
新刊  会員割引:
3,960 (3,600円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序章 東南アジア「環境」の地域研究――学際性と実践性(井上 真)
第1部 生態史で地域を理解する
1章 東南アジア大陸部の生態史(柳澤雅之)
2章 東南アジア島嶼部の生態史(古澤拓郎)
第2部 生業から地域の将来像を描く
3章 人類を支えてきた狩猟採集(小泉 都)
4章 新たな価値付けが求められる焼畑(横山 智)
5章 転換期を迎えた水田稲作(岡本郁子) 
6章 終焉なきフロンティアとしての漁業(赤嶺 淳)
第3部 概念・視点で地域を斬り将来への課題を知る
7章 「くくり」と「出入り」の脱国家論
――京都学派とゾミア論の越境対話(佐藤 仁)
8章 政策論と権利論が交錯するコモンズ論(藤田 渡)
9章 「隠れた物語」を掘り起こすポリティカルエコロジーの視角(笹岡正俊)
10章 「緑」と「茶色」のエコロジー的近代化論
――資源産業における争点と変革プロセス(生方史数)
コラム インドネシア中部ジャワにおける実証的レジリエンス研究に向けて(内藤大輔)
第4部 現代的トピックから今後の課題を展望する
11章 森林保全のための国際メカニズム
――REDDプラスによる新たな動き(百村帝彦)
12章 認証制度を通した市場メカニズム(原田一宏)
13章 農園農業
――マレーシアとインドネシアのゴム農園とアブラヤシ農園(寺内大左) 
14章 災害対応の地域研究(山本博之)
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。