新刊 単行本 その他考古

新刊単行本その他考古
Ranking:10,345番 / 88,598冊
単行本 2,676番 / 10,157冊
その他考古 308番 / 1,437冊
書名 徳島発展の歴史的基盤 「地力」と地域社会
シリーズ
著者 地方史研究協議会 編
発行元 雄山閣
出版年 2018/10
A5 ページ 376
六一ID N74445 ISBN 9784639026112
 
 
新刊  会員割引:
7,480 (6,800円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序文 廣麥氷
刊行にあたって 大会成果論集刊行特別委員会
機 崔藁蓮廚鮖戮┐訐治的環境
 中世後期東瀬戸内地域をめぐる諸相―島・湊・船― 橋詰 茂
 弥生時代における赤色顔料の生産と流通 西本和哉
 足利義昭帰洛戦争の展開と四国情勢 森脇崇文
 森水軍からみた近世の阿波 根津寿夫
供 崔藁蓮廚鮴犬濬个浩原
 吉野川流域の竹林景観と藍作―洪水との共生― 平井松午
 徳島・吉野川下流域における先史・古代の農耕について 中村 豊
 中世阿波国の木材産出と流通の展開 大村 拓生
 阿波藍をめぐる藍商・紺屋と藩政の動向―藍商手塚家・井上家を中心に― 松永友和
掘 崔藁蓮廚魍箸欧詁發罰阿箸慮鯲
 人類学者鳥居龍蔵の足跡と業績―生地徳島からの情報発信― 天羽利夫
 大原呑舟と阿波 小川裕久
 近世近代移行期の商人資本と地域経済―山西家による肥料代金決済をめぐって― 森本幾子
 以西底曳網漁業における漁民の移住と定住化 磯本宏紀
第六八回(徳島)大会の記録 大会成果論集刊行特別委員会
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。