新刊 単行本 弥生

新刊単行本弥生
Ranking:2,185番 / 84,716冊
単行本 617番 / 9,378冊
弥生 77番 / 515冊
書名 邪馬台国時代の王国群と纒向王宮
シリーズ
著者 石野 博信 著
発行元 新泉社
出版年 2019/04
A5 ページ 272
六一ID N77514 ISBN 9784787719089
 
 
新刊  会員割引:
2,750 (2,500円+税) 在庫 3冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
※ふたかみ邪馬台国シンポジウム(全17回)の資料集に寄稿した論考に加え、関連の講演録をまとめ、あらためて邪馬台国の問題に迫った一冊。
【目次】
はしがき
機ー拉和羚饂代の王国群
1 倭人は文字を使っていた
2 三、四世紀の祭殿─家屋文鏡の世界
3 近畿勢力はどうやって大陸や半島と交易したのか
4 住居からわかる海洋民の西部瀬戸内への進出
5 阿波・讃岐・播磨の連合はあったか
6 ホケノ山古墳の大壺は何に利用されたのか
7 二、三世紀の筑紫と大和を結ぶ太平洋航路
8 三世紀の大和と吉備の関係は?
9 三世紀の三角関係─出雲・吉備・大和
10 丹・但・摂の紀年銘鏡
11 卑弥呼擁立を図った祭場か?─伊勢遺跡
12 独自の文化圏を保った近江
13 二世紀の東海の祭祀
14 二、三世紀の東海と近畿
15 角丸戦争のゆくえ
16 二、三世紀の日本海と甲斐・信濃
17 三、四世紀の会津と大和
18 土器のみち
19 三、四世紀の豪族居館
20 墳墓の伝播
附 対馬国と一支国への旅
供≦向王宮への道のり
纒向遺跡は邪馬台国の候補地となるか
纒向王宮への道のり
纒向王宮と箸中山古墳
大和と筑紫の陵寝制と銅鏡破砕儀礼
纒向王宮から磯城・磐余の大王宮へ
掘ー拉和羚駭
古代に見え隠れする邪馬台国
卑弥呼を「共立」した国々
卑弥呼と男弟─三世紀のヒメ・ヒコ体制
邪馬台国時代再考
あとがき─漢魏洛陽城のへの憧憬
参考文献
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。