新刊 単行本 弥生

新刊単行本弥生
Ranking:2,735番 / 85,351冊
単行本 773番 / 9,494冊
弥生 88番 / 520冊
書名 東北地方北部における縄文/弥生移行期論
シリーズ
著者 根岸 洋 著
発行元 雄山閣
出版年 2020/07
B5 ページ 296
六一ID N86108 ISBN 9784639027263
 
 
新刊  会員割引:
13,200 (12,000円+税) 在庫 5冊以上 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序論 第1章 東北北部における縄文/弥生移行期論の枠組み
第1節 はじめに
第2節 東北地方北部における縄文/弥生移行期の定義
第3節 伝播論から広域交流モデルへ
第4節 おわりに
第2章 亀ヶ岡社会の変質と移行期論の射程
第1節 縄文晩期の停滞論
第2節 亀ヶ岡社会論のゆくえ
1 林謙作による内在的変質論/2 弥生時代研究の視点
第3節 本書の狙い
第吃堯‥擺鑛顕修琉楾
第3章 東北北部における「遠賀川系土器」の再検討
第1節 問題の所在
第2節 「遠賀川系土器」をめぐる研究史
第3節 類遠賀川系土器の編年
第4節 受容のあり方にみる地域性
第5節 類遠賀川系土器と土器棺葬
第6節 総括
第4章 砂沢式土器の研究
第1節 問題の所在
第2節 研究史
第3節 津軽地域における砂沢式土器の細別
第4 節 砂沢式土器の波及
第5節 五所式土器の再検討
第6節 総括
第5章 二枚橋式土器の研究
第1節 問題の所在
第2節 二枚橋(1)遺跡の発掘調査成果
第3節 二枚橋式土器の編年
第4節 他地域との併行関係
第5節 二枚橋式が与えた影響
第局堯ゝ鐔札轡好謄爐琉楾
第6 章  縄文/弥生移行期の居住システムをめぐる言説とその年代
第1節 問題の所在
第2節 縄文晩期集落論に関する研究史
第3節 弥生集落論の研究史
第4節 東北地方北部における縄文/弥生移行期の測定年代
第5節 総括
第7章 大型住居跡からみる縄文/弥生移行期の継続性
第1節 問題の所在
第2節 住居跡の規模
第3節 縄文時代晩期後葉の大型住居跡
第4節 弥生時代との継続性
第5節 考察
第8章 遺跡群動態から見た居住形態の移行
第1節 はじめに
第2節 遺跡群と地理的環境
第3節 遺跡群動態の検討
第4節 集落配置と居住集団の動態
第5節 総括
第9章 縄文/弥生移行期の集住システムとその背景
第1節 はじめに
第2節 馬淵川・新井田川流域の分析
第3節 縄文晩期の大型竪穴住居跡
第4節 縄文/弥生移行期における溝跡の再評価
第5節 総括
第敬堯仝魄廛轡好謄爐琉楾
第10章 赤色顔料利用形態からみる交易システムの移行
第1節 問題の所在
第2節 縄文晩期のベンガラ
第3節 縄文時代後期・晩期の朱
第4節 弥生時代の赤色顔料利用形態
第5節 まとめと考察
第11章 東北北部における碧玉製管玉
第1節 研究史と問題の所在
第2節 帰属時期に関する検討
第3節 法量に関する検討
第4節 考察
総論
第1節 はじめに
第2節 土器文化の移行
第3節 居住システムの移行
第4節 交易システムの移行
第5節 おわりに
おわりに/図版典拠/引用文献/附篇
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。