新刊 単行本 中世

新刊単行本中世
Ranking:25,379番 / 88,291冊
単行本 4,707番 / 10,069冊
中世 712番 / 1,482冊
書名 本能寺の変の首謀者はだれか 信長と光秀、そして斎藤利三
シリーズ 読みなおす日本史
著者 桐野 作人 著
発行元 吉川弘文館
出版年 2020/11
B6 ページ 288
六一ID N86897 ISBN 9784642071314
 
 
新刊  会員割引:
2,420 (2,200円+税) 在庫 1冊 カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
はじめに―本能寺の変はどのように論じられてきたか/信長と光秀の天正八年(信長にとっての天正八年〈なぜ天正八年なのか/大坂本願寺の降伏/織田権力による地域権力の圧伏・統合/東国大名を服属させつつあった信長/対毛利包囲網に組み込まれた大友・島津両氏/「公儀」「天下」だけではわからないこと/信長の優越を示す「上様」〉以下細目略/光秀にとっての天正八年)/破断への予兆(本能寺の変までの二年間に何があったか/信長と光秀と元親)/光秀を追いつめた信長の四国国分令(四国政策から排除された光秀/信孝登場の背景にあるもの/雑賀衆の動向と四国問題)/本能寺の変の仕掛人、斎藤利三(明智家と長宗我部家を結ぶ糸/利三と本能寺の変)/「不慮謀叛」ついに決行さる(政変前夜の出来事について/政変後の出来事について)/終章 本能寺の変とは何だったのか/補論
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。