新刊 単行本 中世

新刊単行本中世
Ranking:5,969番 / 88,291冊
単行本 1,634番 / 10,069冊
中世 132番 / 1,482冊
書名 旧国中世重要論文集成 相模国
シリーズ
著者 真鍋淳哉 編著
発行元 戎光祥出版
出版年 2020/11
A5 ページ 392
六一ID N86899 ISBN 9784864033671
 
 
新刊  会員割引:
9,350 (8,500円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序にかえて
凡例
解題 中世相模国に関する研究の状況と本書収録の論考について 真鍋淳哉
第1部 院政期・鎌倉期の相模国
 機‖臘躙羶澆砲ける在地住人と伊介神社祝荒木田氏――史料『天養記』所収文書の一考察 伊藤一美
 供〜衞蝋颪涼旅埖寮と地域秩序の形成 大澤 泉
 掘 ̄州合戦をめぐる諸相――鶴岡八幡宮・旗・奥州征伐祈祷 加栗貴夫
 検‖抻以前の鎌倉――都市の点景 岡陽一郎
 后〜衞鷲雹里噺鯆漫〆L邨朕
第2部 南北朝期・室町期・戦国期の相模国
 機‘酲鳴期相模守護と鎌倉――河越氏の守護時代を中心に 落合義明
 供 愍光明寺敷地絵図』からみる鎌倉の「町屋」――「町屋」管理の一様相をめぐって 鈴木弘太
 掘仝轍聾方足利義氏と都市鎌倉――特に「鎌倉様」段階を中心に 佐藤博信
 検\鏐餞江戸湾における小林氏の動向 滝川恒昭
 后ヽいらみた戦国時代――北条水軍梶原氏の動向 真鍋淳哉
 此‐田原合戦と石垣山一夜城――東国に出現した西国文化の城 鳥居和郎   
第3部 中世相模国の社会と信仰
 機〆憾胸瓩鳩野信仰――東国武士の熊野信仰を通して 上杉孝良
 供々睫鄒擦帆衞蝋顱〃充縞戸
 掘|羸こ倉の烈震と復興――鎌倉時代末期から戦国時代の地震災害と復興の姿 浪川幹夫
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。