新刊 単行本 中世

新刊単行本中世
Ranking:6,633番 / 88,322冊
単行本 1,804番 / 10,072冊
中世 175番 / 1,483冊
書名 古文書の伝来と歴史の創造  由緒論から読み解く山国文書の世界
シリーズ
著者 坂田聡 編集
発行元 高志書院
出版年 2020/12
A5 ページ 380
六一ID N87143 ISBN 9784862152145
 
 
新刊  会員割引:
11,000 (10,000円+税) 在庫:取寄せ カートに入れる

注文数

こちらの電子書籍をご覧いただくには「Bookend」アプリが必要です。 詳しくはこちら
インストール

※「インストール」をクリックしていただくと、アプリのインストール画面へ移動します。
下図のようにダウンロードボタンを押して、ファイルを実行してください。
画面の説明に沿って、インストールを完了し、bookendを起動してください。
※bookendアプリのWeb書庫設定がされていないとこの画面が表示される場合があります。
こちらのWeb書庫利用登録をご覧いただきましてメールアドレス・PINの登録をお願いします。

capture
ダウンロードをクリックしていただきますと、お客様の「Web書庫」へ書籍をお届けします。
ダウンロード
カートに入れる

(電子書籍専用カートです)

すでに書籍データがWeb書庫に追加されています。
bookendを起動してWeb書庫から書籍をダウンロードしてください

詳しくはこちら
内容・目次
【目次】
序章 本書の問題関心と構成…………………………坂田 聡(中央大学教授)
第吃堯〔昭膕箸陵浬錙ε曽機Ψ鷲
中近世「名主」考………………………………………𠮷岡 拓(明治学院大学准教授)
黒田宮村西家の家譜・由緒と「常照寺一件」………坂田 聡
山国名主家伝承の諸相…………………………………西尾正仁(兵庫教育大学非常勤講師)
由緒文書の作成・書写・相伝…………………………柳澤 誠(八王子市郷土資料館)
山国郷の由緒書と明智光秀伝承………………………谷戸佑紀(皇學館大学助教)
第局堯〇殻醉儕廖Χ界認識と偽文書
料紙から見た山国の「偽文書」………………………岡野友彦(皇學館大学教授)
山地領有の秩序と偽文書………………………………熱田 順(中央大学兼任講師)
山地領有の由緒と文書…………………………………西川広平(中央大学准教授)
近世山国地域における境界認識と由緒………………大貫茂紀(中央大学特任准教授)
第敬堯〆瀉亙現颪陵夕阿諒兪と伝来過程
売券の変遷と地域社会…………………………………薗部寿樹(山形県立米沢女子短期大学教授)
山国地域の文書と社会…………………………………村上絢一(大阪経済法科大学非専任講師)
黒田宮村菅河家文書の形成……………………………前嶋 敏(新潟県立歴史博物館)
十九世紀の地域社会における文書管理………………宮間純一(中央大学准教授)
 

シェアする

この図書のレビュー

  • レビューはありません。

レビューを書く

レビューの投稿には会員登録が必要です。
登録済みの方は画面上部のフォームからログインしてください。

関連図書

    お客様が同時に購入された図書(多い順に最大100件表示)

      (スクロールでご覧いただけます)

      最近見た図書

        閉じる×

        共用PCで自動ログイン機能は
        使わないでください

        職場、学校、ご家族でご利用など
        共用でご利用のパソコンでこの機能をお使いになりますと
        他の方があなたの情報でログインしてしまう可能性があり

        可能性がございます。

        自動ログインの解除は会員ログアウトを押していただきますと
        次回アクセス時から自動でログインされなくなります

        閉じる×

        図書の入荷をメールにてお知らせいたします。

        お知らせを送信するメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください。